まいにち無印パンツ

シンプルに一歩ずつ。夫婦二人、古い団地に住んでいます。

春の訪れを感じたら私がやる5つのこと

春の訪れを感じたら私がやる5つのこと

春の訪れ

昨日、私の住んでいる地域では、「春一番」が吹いていました。

春は、卒業、入学、人事異動、衣替えと忙しない季節です。気がつくともう暑くなって梅雨になってしまいます。花粉症の私には、大変な季節でもありますが、やっぱり春は好きです。春の訪れを意識するために私にはやる自分なりの決まりごとがあります。今回は、それをご紹介したいと思います。

 

春のスニーカー

春のスニーカー出す。私はコンバースの白のスニーカーが好きです。コンバースはオールシーズン履くことができるスニーカーなのですが、何となく秋冬は敬遠してしまいます。春のスニーカーにして、春物を着るのと同時に履きはじめます。このスニーカーを履くとき春を実感します。汚くなってきたので、買い替え予定です。f:id:oimichi1:20170218121613j:image

ルームフレグランス

普段は、玄関に無印良品のフレグランスを愛用しているのですが、この時期だけお花飾りがついたかわいいフレグランスを購入します。今回は、お正月に親戚からプレゼントされたこのフレグランスをとっておいて使う予定。桜の香りがするそうで楽しみです。 

f:id:oimichi1:20170218121428j:image

春の手ぬぐい

我が家では、サクラ柄の手ぬぐいはこの期間限定です。春夏秋冬、季節ごとの手ぬぐいを使用しています。この手ぬぐいを出すと「また1年無事に迎えることができたな」とほっとします。

f:id:oimichi1:20170218121433j:image

 

イチゴのパフェ

3月は夫と私の誕生日です。それも1日違いなので絶対、誕生日を忘れることがありません。そのため、誕生日ケーキもまとめてひとつのものを買ったり、作ったりして、いっぺんに済ませてしまいます。それはそれで楽しいのですが、お互いおめでとうってかんじで祝われている気があまりしないのが少し残念。

ここ数年は、フルーツパーラーへイチゴのパフェを食べに行って、誕生日を祝ってます。特に意識して作った習慣ではないですが、写真を見返すと毎年3月に必ず食べに行ってます。これはもはや年中行事のひとつになったようです。

 f:id:oimichi1:20170218121134j:image

桜を観に行く

これは、みなさん春にやることナンバーワンだと思います。私も例にもれず必ず観に行きます。今年はどこに行こうかなと調べている最中です。近くの河原は菜の花と桜が咲くので本当幸せな気分になります。この季節、だだ散歩したり、サイクリングしたりするだけで充分楽しめます。この写真は一昨年、九州旅行に行ったとき撮った桜です。

f:id:oimichi1:20170218121309j:image 

人それぞれ、春を迎えるためにやることがあると思います。私の場合のほんの一例でした。忙しない日常に季節を取り入れることで一息つくことができます。

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

 

過去の記事です。 愛用品の紹介もしています。

www.mujipann.com

 

 

 

今週のお題「新しく始めたいこと」

【夫婦二人】コストコでリピート買いするもの10選【2017最新】

少人数家族でもコストコは楽しい

コストコの商品は基本的に業務用のような大きいサイズや大量での販売なので、我が家のような夫婦二人の場合は、余ってしまったり、食べ飽きてしまったりします。そのため、今まで一度買ったきりもう買わない商品もあり失敗したなと思ったこともありました。そんななか、ずっとリピートして買っているものを紹介してみたいと思います。

 

 コストコの商品がネットでも買えるみたいです

コストコの商品 コストコの商品を自宅にいながら購入できるオンラインショップ COSTCO

 

コストコでリピート買いするもの10選

 

①信州産無添加円熟こうじみそ 1.8kg 618円

これは、なくなりそうになったらコストコまで買いに行きます。今回もこれを購入するためにコストコへ行って来ました。我が家は味噌を使用した料理を作ることも多いのでこの量でも賞味期限内で消費できます。

f:id:oimichi1:20170216164515j:image

②岩下の新生姜 270g 488円 

生姜好きの私が一人で食べます。生姜を食べると血行が良くなるらしいので、毎日食べています。食べると「ぽかぽか」する気がします。 

f:id:oimichi1:20170216180842j:image

 

③リッチフルーツグラノーラ 800g 998円

朝ごはんにヨーグルトと混ぜたりして食べます。上部にジッパーがついているので保存にも便利。今回新商品の「リッチフルーツグラノーラ」があったので購入してみました。

f:id:oimichi1:20170216164600j:image

 

④6種の海鮮ちらし寿司 1880円

夫の大好物なので、二人で食べきれます。サーモン、海老、いくら、イカ、真鯛、トビウオの6種が入っています。友人と女性4人でホームパーティーしたときも食べきれました。

f:id:oimichi1:20170216165541j:image

 

⑤毎朝スッキリ黒茶烏龍茶 998円

マグカップ一杯用が100パック入ってます。水だしも可能なので、我が家は水だしで飲むことが多いです。これから気候が暖かくなるので消費量も増えそうです。

f:id:oimichi1:20170216164706j:image

 

⑥シャウエッセン あらびきウインナー 980g 1398円

これは、冷凍保存しています。ウィンナーはあると助かるのでいつもストックしています。そのまま茹でるだけでもおいしい。

 f:id:oimichi1:20170216164711j:image 

⑦業務用プロの味 たこ焼き 1.2kg 818円

冷凍食品で味も抜群!少し小腹が空いたなーという時に食べます。

f:id:oimichi1:20170216164720j:image

 

⑧ライオンコーヒー

朝から豆を挽いて珈琲を飲むのは理想ですが...朝余裕がないときもあるので、粉のものを用意。私は普通に常温でキャニスターに入れて保存しています。

f:id:oimichi1:20170216164737j:image

 ⑨リンツリンドールチョコレート5種アソート 

今回は(甘いものを控えているので)購入しなかったのですが、5種類のアソートになっているので一個で満足感があります。これがあると普段、スーパーでお菓子を買わなくて済みます。

 ⑩カトキチ冷凍さぬきうどん 10個パック

こちらもストックがまだあったので今回は購入しなかったのですが、冷凍うどんは10個あってもすぐ消費できます。お昼ごはんにちょうどいいです。

 

最後に

これ以外にディナーロール買うときもあります。これも冷凍できますしね。あとは、お酒やサプリメントも安価で売っているので毎日飲んでいる方はいいかもしれません。

夫婦二人やお子様がまだ小さかったりすると、コストコの商品が消費できるか心配しますが、探してみるといいものが見つかったりします。もちろん、大家族の方にもこの10選はオススメです。コストコの楽しみ方も人それぞれです。

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

 

【お知らせ】

昨日からアイコンを変更しました。似顔絵風の絵を描いていただきました。どうぞよろしくお願いします。

f:id:oimichi1:20170216180949p:image

 

 

 

 

 

 

『カルテット』第5話 大人の嘘【感想】

カルテット 第5話 第一章 完結 

 

第5話を見逃した方は、オンデマンド版を観ることができます。

www.tbs.co.jp

以下ネタバレも含みます。

嘘まみれの嫁姑関係

第4話からの続き、巻真紀(松たか子)と別府(松田龍平)がいる巻のマンションに鍵を開けて入ってきた人物は、巻鏡子(もたいまさこ)だった。

いい嫁、いい姑を演じるふたりが空々しくてよかった。トイレを間違ったふりして、寝室に入って行く鏡子。すぐ帰るからいいのにというお義母さんを引き止めて甲斐甲斐しく背中のマッサージをする真紀。

どこにでもいるような嫁姑のように見えるのだけれど、この姑はスパイすずめ(満島ひかり)を雇って嫁の正体を調べさせるし、嫁は夫を殺したのかもしれない。徹底的に破綻した関係なのに隠している、まさに「ズボンはいてるけれど、ノーパン」状態なのだ。この「ズボン穿いてるけど、ノーパン」状態は話の随所に現れている。

冷えた弁当から浮かび上がる嘘

すずめちゃんのコスプレかわいい

f:id:oimichi1:20170215102759j:image

 

別府の弟、別府圭(森岡龍)が登場。別府の弟は、「カルテット」の別府以外は無職にもかかわらず、別府家の別荘に住み別府に養われていることを指摘する。追い出すのかと思いきや仕事まで紹介してくれる。

音楽プロデューサーの朝木(浅野和之)の「君たち才能あるよ」という言葉に嘘のような夢のような心地に浸る4人。すずめの口癖「みぞみぞしてきました」という真紀。

そのプロデューサーに紹介された仕事が、コスプレして演奏するというもので、ダンスを踊ったり、スカートのスリットを入れらたり、自分たちの夢に描いていた「カルテット」とはほど遠いものだった。

狭い階段で、居心地悪そうに冷えたお弁当を食べる4人。ピアニストの遅刻から演奏すらできなくなって演奏しているフリを頼まれる4人。そんな我慢ならない仕事さえ、別府の弟のコネで得ているのだ。受け入れたすずめに「ありガトゥーショコラ」という真紀。

現実を受け入れ演奏をしたフリを演じきり、疲れきった彼らの背中をみながら朝木は

『志がある三流は四流』

 

と言った。三流にすらなれなかった現実。f:id:oimichi1:20170215103141j:image

 

 

嘘からはじまった友情

スパイ有朱(吉岡里帆)がやってきた。淀君の愛称でおなじみの有朱が真紀とすずめの関係をかき乱す。以外とストレートにでも執拗に真紀に夫のことを聴き、夫を殺したんじゃないかと揺さぶりをかける。

「大好き大好き殺したいって」

「夫婦に恋愛関係持ち込むから殺人事件が起こるんじゃない」

ボイスレコーダーを持っていることがバレた有朱は、手のひらを返したようにすずめと共同にやっていたことにするし、真紀さんのこと信じていたとかいうし、依頼人は鏡子だということもあっさりバラしてしまう。(こいうふうに立ち回りはさすがだ)

真紀は「すずめちゃんなんて全然嘘のない人だし、そういう人といるのが大事」と微笑む。そのあとすずめの嘘を知ったときの真紀。たまらず、家を飛び出す、すずめ。

忘れかけていたけど、真紀とすずめは嘘からはじまった友情だったのだ。

f:id:oimichi1:20170215103152j:image

 

夫婦は嘘で成り立っている

すずめは家を飛び出し、軽井沢の街をさまよっていると怪しい男にぶつかる。「カルテット」のなかで最大の謎「夫さん」は、生存していた。やっぱり、真紀は殺してなかったのだ。その失踪した夫、幹生はなんと宮藤官九郎だった。

最後に

最後クドカンに全部持って行かれちゃった感がありました。みんな同じだと思いますが、私も真紀の夫さんは田辺誠一のようなイケメンだと思っていました。夫さんが生きているということより、夫さん自体に驚きました。クドカンだと思うと「夫さん」って呼び方がしっくりきます。

口癖を真似するほど友情と信頼を育めていた真紀とすずめ。大切な人だからこそ、嘘をついていることが辛い。胸がキュと締め付けられました。真紀さんとすずめちゃんの、シーン好きだな。

 

5話までを通しての嘘があぶり出され後の第二章突入。来週がますます、楽しみです。

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

 

関連記事になります

 

www.mujipann.com

 

 

www.mujipann.com

 

 

 

『自分らしさはいらない』の真意とは【感想】

『自分らしさはいらない』松浦弥太郎

 

松浦弥太郎とは

『暮らしの手帖』前編集長を9年間務め、2015年から「クックパッド」へ入社。2017年より、ウェブメディア「くらしのきほん」主宰するエッセイスト。「正直、親切、笑顔、今日もていねいに」を信条とし、暮らしや仕事における楽しさ、豊かさ、学びについての執筆、活動をつづける。中目黒にあるセレクトブックスト「cowbooks」の代表でもある。

 

はじめに

私は、著者が『暮しの手帖』を離れ、「クックパッド」へ行くと聞いたとき正直「松浦弥太郎」らしくないなと思った一人です。著者の本を全て読んだ訳ではないですが、ウェブから一歩、距離を置いていると感じていましたし、なぜ今になって、「クックパッド」なのだろうと不思議でした。今回、この本を読み『暮らしの手帖』の編集長を辞めてからのことも書かれていました。そのなかで、印象に残ったことを書きたいと思います。

 

「何かを始めたいなら、『自分らしさ』など捨てたほうがいい」

「個性を大切にして、自分らしくありたい」という思いは美しい呪縛なようなもので、必要以上に人を力ませます。力むことと一生懸命になることは違います。(中略)

「どうすれば自分らしいのか?」という意識を捨てて夢中でやる。(中略)その果てにある実りこそ自分らしさではないだろうかと僕は考えています。自意識を捨てて、精一杯やったとき、他人があなたらしいと言ってくれるもの。それが本当の自分らしさだと思うのです。

 

なんだか、我が身を振り返ると...自分でも気づかないうちにこれは私の考えとは違うとか、自分らしくないとか思ってしまうときがあって、力が入っていたのかもしれないなと思いました。

ブログを書きはじめてからというもの、自分の意図したこととは違った反響をいただくことも沢山あり、それが私にとって新鮮で、とても面白いです。これがブログの醍醐味かと噛みしめているところです。

 

行き詰まったら「はじめて」に挑戦する

著者本人が「このままだといずれ行き詰まってしまうな」と感じたときはじめてのことに挑戦していることが書かれていました。まったくやってこなかった「ボルダリんグ」に挑戦したことが書かれていました。まったくの初心者のなって何かを学ぶことで自分を意図的にリセットするようです。これは、私自身も実践していることで、ちょっとした閉塞感を抱えているときに、何かを学ぶことによって頭を切り替えられるし、ちょっと力が入っていたなと自分を振り返る、いい機会になります。はじめてのことに没頭するのは、いい気分転換になります。

 

最後に

著書は、「心のつかいかた」「心と頭のバランスの取り方」などが書かれています。

わたしが気になったところは、本筋とは違うところにあるかもしれませんが、気になったところなので抜粋しました。著者が「クックパット」にいたときのことにも触れられているので、近況も知ることができました。

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

 

 

過去にこんな記事も書いています

 

www.mujipann.com

 

 

 

 

 

手ぬぐいと私 今まで手ぬぐいの使い方間違っていたかも

 

今さらですが手ぬぐいの話

今、おしゃれな手ぬぐい屋さんが沢山ありますね。シンプルな生活を送っている方は、手ぬぐいを愛用している方が多い気がします。そんなわたしも手ぬぐい愛好家の一人です。

みなさんの使い方も様々です。台所で手を拭くのはもちろん、お弁当、ペットボトルを包むのに使ったり、壁にかけておしゃれなタペストリーにしたりおしゃれなバッグにもなるようです。今回は私と手ぬぐいの青春を書きたいと思います。

 

手ぬぐいと私の出会い

 手ぬぐいと私の出会いは、高校時代にさかのぼります。その前から手ぬぐいはそばにいたのでしょうが、気づきませんでした。

高校時代、私は、剣道部に入っていました。剣道をやるときに、(重いお面のようなかぶりもの)防具を付けるのですが、それがとても汗で蒸れるのです。夏場なんて異臭騒ぎです。そんなとき、活躍するのが、手ぬぐいです。手ぬぐいを頭に巻いてその上に防具をつけるのです。練習、試合が終わったあとは、手ぬぐいは汗で、びしょびしょです。タオルでは、分厚すぎるので、薄い手ぬぐいがベストです。部活の際は、手ぬぐいを何枚も持っていきますが全然かさばらない。そして、すぐ乾く。洗濯の際は、かさばらないのでお母さんの負担にもなりません。

しかし、そのときは、大会の記念でもらっり、近所の祭りでもらった「ダサダサ手ぬぐい」で少々不満がありましたが手ぬぐいなんて所詮こんなものだろうと思っていました。

 

おしゃれ女子がかわいい手ぬぐいを持っていきた

部内きってのおしゃれ女子が、なんと「かまわぬ」の手ぬぐいを持って来たのです。みんなに衝撃が走りました。こんなかわいい「手ぬぐい」があったのか。「どこで買ったの」「いくらだった」「他にも種類あるの」と質問詰めです。

おしゃれ女子が買ったのは代官山の「かまわぬ」という手ぬぐい専門店だと言うのです。

部員一同「代官山」!?

名前は知っているけれど、そんなの大人のそれも一握りのおしゃれさんとか芸能人とかが行くところではないのか。試合へみんな、お揃いのジャージで電車に乗って仲良く行っていたのに。なんか、ひとりだけずるい。私たちも連れて行けということになり、次の試合が終わった後で手ぬぐいを買いに行くことになりました。

こちらのお店です↓

株式会社かまわぬ

 

ジャージで代官山

試合終わりなのでもちろんジャージで代官山に向かいます。どんなに恥をかいても手ぬぐいを手にするまでは帰らない覚悟で。でも、代官山は想像していたよりずっとおしゃれで、そして寛容にダサイ高校生も受け入れてくれました。というか、近所の中学生とかに思われたかも。

 

これがその戦利品です。今でも健在です。くたびれ感が少ないのは、大切にとっていて、ここぞというときしか使えなかったからです。

f:id:oimichi1:20170213115607j:image

 

その後、剣道を引退したあとは、料理教室で三角巾の代わりとして頭に巻かれていました。旅行の際にも何かのためにと持って行きます。私にとってお守りです。今は、台所の手拭きとして第三の人生を送っています。頭に巻くことが多かったので、この手ぬぐいもやっと本来の手ぬぐいの役割を務めています。

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

 

昨日の自己紹介の記事、みなさまブックマーク、コメントありがとうございました。

みなさまと共通点を挙げていただきとてもうれしかったです。

 

www.mujipann.com