読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにち無印パンツ

シンプルに一歩ずつ。夫婦二人、古い団地に住んでいます。

自分なりの「シンプルライフ」に思うこと

自分なりの「シンプルライフ」

ブログをはじめてから、まだ一ヶ月もたっていないのですが、自分なりの心境の変化がありました。簡単にまとめてみたいと思います。

 

それまでは、「シンプルライフ」の生活の本やブログを参考にさせていただきました。

私も実際にブログを書くことによって、「私が今までやってきたこと」と「シンプルライフ」を見つめ直す機会を与えてもらったと思っています。お読みいただいている皆様、本当にありがとうございます。

 

自分の持っていないものに目を向ける時間が減った

私は幼い頃から、人の持っているものが欲しかったり、自分ができないことを他の人が簡単にやってのけてしまうのが、とても目について「○○ちゃんはいいな」とか「みんなが持っているから○○が欲しい」とかばっかりでした。

それは大人になってからもそうで、街を歩いては「あの人がもってるバッグかわいいな」「あの人は実家がお金持ちで結婚式が豪華でうらやましい」とか他人と自分を比べてばかりでした。

人の目を気にして「クヨクヨ」したり、他人を比べる時間は格段に減りました。

自分の持ってないものに目を向けると不満不平が多くなり、自分の持っているものに目を向けると、自然と回りに感謝できるのだと実感しています。

 

先へ先へと焦らなくなった

私はすごく「せっかち」な性格で、とにかく早く結果を出そうと右往左往したり、いつも「あれをして、これをして、そのあとこれをして」と四六時中、頭の中をグルグルしていました。

完璧主義の性格もあいまって、仕事でも、プライベートでも早く結果が出したくて、それができない自分や回りの人をずっと責めていたのだと思います。

それが、「今できることをひとつずつやろう」と思えるようになって、心の余裕ができました。大きな進歩だと感じています。

 

自分を楽だということを一番に考えるようになった

 私は、今まで「目標を達成するために努力する」ことを一番に考えていたのだと思います。極端に言えば、「楽をすることが悪いこと」のように思っていました。楽をしている自分が好きではなかった。もっとがんばらなきゃと思っていました。

でも最近は、「自分が楽をすること」が他の人にも自分にもいい影響を与えるのだと感じています。

 

私がやっているこの行動は「シンプルライフ」当てはまるのかなと思ったり、もっと物を減らさなきゃとと試行錯誤してみたりもしますが......

人それぞれ、自分なりの「シンプルライフ」へ進んでいけばいいのだと今は思います。

 

先日、普段は電車で行くお店に歩いていってみました。時間はかかったけれど、そのぶん、美味しかった。そんな散歩中に考えたことでした。

 

 f:id:oimichi1:20170128121151j:image