読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにち無印パンツ

シンプルに一歩ずつ。夫婦二人、古い団地に住んでいます。

掃除用洗剤の本数を見直す【断捨離】

掃除をしていると掃除用品の多さが気になり、洗剤の本数を数えてみたら

6本でした。

 

①カビハイター

②キッチンハイター(液体)

③キッチンハイター(泡タイプ)

バスマジックリン(防カビプラス)

⑤油汚れマジックリン

⑥食器用洗剤JOY

 

 f:id:oimichi1:20170128164618j:image

 

トイレ用がないのは、流せるトイレブラシを使用しているためです。

トイレにトイレブラシがあまり好きじゃなかったので、一人暮らし時代からこれを愛用しています。

f:id:oimichi1:20170209191703j:image

 

 

それにしても、少なくしているつもりでしたが、数えてみると以外に多い。

 

まず、泡タイプのキッチンハイターと液体タイプのキッチンハイターがあるますので、液体のキッチンハイターがなくなり次第、泡タイプのキッチンハイターへ一本化へ。

他の洗剤はなくなってから、しばらく買わずに様子をみてみます。

 

調べてみると洗剤は、1種類や2種類で生活されている方も沢山いらっしゃるんですね。

重曹」とか「セキス炭酸ソーダ」など調べるといろいろ出てきて、洗剤ひとつとっても生活に対する、姿勢、考え方がさまざまです。

 

これは生活全般に言えることかもしれませんが、どこまでシンプルにするか、自分なりの適正量もあると思いますので、これからも試行錯誤していきたいと思います。

 

本日もお読み頂きありがとうございました。

 

 断捨離関連記事です。よろしければ、合わせてお読みください。

oimichi1.hatenablog.com